2年前の経験者が教える『床上浸水が始まりそうなときは・・・』効果的だった方法「リアルな声が一番為になる」

熊本が豪雨によって被害を受けている今、、、西〜東日本の大雨に警戒をと注意が促されています。 これからの季節まだまだ豪雨の可能性もあり、秋には台風と改めて確認しておきたい豪雨対策。リアルな声が何よりも一番為になる情報だと注目が集まっています! 【家に水が入ってきている方々へ】【じわじわ床上浸水している方々へ】水のうが効果的です。ゴミ袋に水いっぱい溜めて二重にして玄関近くの床に敷き詰めます。トイレお風呂洗濯機キッチンの排水口にも同じように水のうを置きます。これで外からの浸水と逆流がかなり防げます。(2年前経験者より) pic.twitter.com/FJLr1tDOU5 — ふりかけchannel (@hurikakechannel) July 4, 2020 具体的な例を示してもらえることが何よりも役に立ちますね。ありがたい・・・ 写真は2年前の大雨時です。水のうのおかげで家の奥のリビングは浸水しませんでした。(床下浸水にとどまった)起きたら水が入ってきていて雨は止んでいるのに外の水の量は増す一方で道路は見えず車は浮き外からの水圧で玄関は開かずという状態。同じ方いらっしゃると思います。大丈夫。あなたも助かる。 — ふりかけchannel (@hurikakechannel) July 4, 2020 避難できない(するほどではない)けれどすることがない人は水のうを作ってとりあえず正気を取り戻しましょう。テレビTwitterの情報見るだけだと恐怖心と不安が募るだけです。とりあえずの小さな荷物は用意しておいて何か作業をしながら最新情報を確認するのがおすすめです。(当時賃貸一人暮らしより) — ふりかけchannel (@hurikakechannel) July 4, 2020

Read more

【どうしたの…?】模様のせいでめちゃくちゃ悲しそうな猫が発見される

野良猫のユーモラスな表情に爆笑 変わった模様の動物はこれまでにもedamame.ではたくさん紹介してきたが、これほどまで悲しみにあふれるネコは見たことがあるだろうか? A serious case of resting kit-ch face 😭 Posted by LADbible on Saturday, July 4, 2020 め、目のところに変わった模様が・・・。ひょこっと顔を出しているだけなのに、「どうしたの?」と声をかけたくなるほどの負のオーラが漂っている。 こちらのネコは、中国のSNS「Doyuin」のユーザーが街中で撮影した野良猫。6月30日に投稿されると、その表情から中国国内で2億ビューを記録し、海外でも大きく拡散されるようになった。 撮影場所に寄るとよく見かけるそうだが、投稿した女性はすでにペットを飼っているため連れて帰らなかったという。 これを見たネット民からは、「ニコラス・ケイジみたいな顔だ!」「こんな悲しい顔してたら放っておこう…」「(トラブルが相次ぐ)2020年を象徴するようなネコ」といったおもしろコメントが多数寄せられていた。 他にも室外機や木の上でくつろいでいる写真もあったので、ネコは実際はそこまで不機嫌じゃないのかもしれないですね。 

Read more

ジョーク: 天国で猫とネズミが出会った

1匹の猫が寿命を全うし、天国へと旅立ちました。天国の門の前にたどり着いた猫を神様が出迎えます。 「お前は長年良い猫として頑張ったな。望むものは何なりと叶えよう」と神様。 猫は少し考えてから答えました。 「神様、私はこの一生をずっと農場で過ごし、堅い床の上で眠ってきました。フワフワの柔らかいクッションの上で眠ってみたいものです」 「そうか、その願い、叶えてやろう!」 するとどうでしょう!次の瞬間、猫はフワフワの大きなクッションの上で眠っていました。 数日後、ある事件で同時に命を落とした12匹のネズミが揃って天国の門にたどり着きました。出迎えた神様は言いました。 「お前達は良いネズミだったな。望むものは何なりと叶えよう」」 ネズミ達は相談してから答えました。 「神様、私たちは一生のほとんどを猫や犬、それに人間のホウキから逃げ回って過ごしたんです。もう2度と走り回らなくてすむように、小さなローラースケートをください」 「そうか、その願い、叶えてやろう!」 するとどうでしょう!次の瞬間、ネズミ達は小さなローラースケートを履いていました。 1週間後、神様は猫の様子を見に行くことにしました。フワフワのクッションの上でイビキをかいて眠っている猫を見つけた神様は、優しく猫を起こして聞きました。 「どうだね天国の暮らし心地は?なにか困ったことはないか?」 すると猫は満足そうに答えます。 「神様、最高です。こんなに幸せな暮らしは生まれて初めてです。クッションはフワフワだし、先日こちらに贈ってくださったローラーに載った軽食もとっても美味しかったです」 

Read more

コロナのクラスター発生で謝罪をした永寿総合病院。これを受け、「謝罪はおかしい!」「感謝を伝えたい!」と投稿されたSNSの内容に涙溢れる・・・

コロナのクラスターが全国各地で発生していますね。東京にある永寿総合病院はクラスター発生を受け謝罪をしましたが、これを見た人々が謝罪をさせるなんておかしい!と怒りの声をあげています。 感謝をすべきだと本当に多くの訴えがSNSに投稿され注目が集まっています。 感謝が届きますよう、記事を作成させていただきます。 永寿総合病院が謝罪に追い込まれたのマジで納得がいかない。コロナ発生初期の頃から最前線でリスク覚悟で国民の健康のために頑張ってきた病院が謝罪しなきゃいけないってちょっと意味わかんないよ。狂ってるとしか言いようがない。送るべきは批判ではなく感謝でしょう。ありがとうございますでしょう。 — Testosterone (@badassceo) July 4, 2020 永寿総合病院に限らず医療従事者は命がけでやってんのよ。特に緊急事態宣言の最中とか医療従事者のフォロワーさんから「本当に怖い。感染リスクで家族にも会えない。マスクも防護服も足りない。でも1人でも多くの患者さんを救うために頑張ります。本音を言うと辛いです😭」って内容のDMメチャ来たよ。 — Testosterone (@badassceo) July 4, 2020 無職の頃ひどい食中毒になり、さらにほぼ無一文のくせに保険証も無く、とりあえず台東区役所に駆け込んだら役所の人は親切にマッハのスピードで保険証を発行し、病院を紹介してくれた。そこが永寿総合病院だった。病院ではこれまた親切に診察してもらってスッキリと全快した。 — MAE (@CHE_M26_7) July 2, 2020 最先端で、医療従事者の方々も感染のリスクに怯えながら尽力をつくしてくれていたのです。感謝しかありませんよね・・・

Read more

【ヨソ者はけぇれ!】英コーンウォールが旅行客受け入れ解禁!→地元民が猛抗議

まだちょっと旅行は早いのでは・・・ 7月に入り、新型コロナウイルスの感染拡大がピークを過ぎ去ったイギリスにて旅行が解禁された。 日本同様、旅行客の出費によって経済の活性化を期待する地方の人々は喜んでいるというが・・・感染の再拡大を恐れる人々からは猛反発を食らっているという。 A30 Bodmin 🤦‍♀️ Posted by Cornish News on Saturday, July 4, 2020 反発が目立ち始めたのは、イギリス最南端に位置するコーンウォール州。アーサー王伝説といった歴史のほか、自然豊かなビーチが人気を集める観光名所である。例年、夏には多くのサーフィン客が休暇に訪れるという。 地元行政はこのチャンスを逃さまいと旅行客の受け入れを開始したが、地元民の一部にはお断りムードが漂っているという。 そんな中7月第1週、観光客がよく通るデヴォン州の高速道路の高架橋に、「旅行客は帰れ!失せろ!」という攻撃的なボードを掲げる三人組が現れた。 その当時も何千台もの車がコーンウォール州へ向かっており、多くの人がこのボードを目撃。SNS上に投稿されると、地元観光局長の耳にも届き、「許されることではない」と怒りのコメントを述べた。 更に街中には、「ようこそ観光客」とかかれたボードを掲げている死神姿の人物も発見されている。 一連の出来事に関して、SNS上では様々な声が寄せられており、「コーンウォールの経済は観光事業に依存しているのに、行楽客に失礼だ」と怒る声や、「この街は大きな病院が一つしかないから感染拡大したら困る。」といった地元民への同情も寄せられていた。 ロックダウンの影響で、コーンウォールの農業や飲食などの観光関連産業は大きな打撃を受けている。 観光会社「Visit Cornwall」の最高責任者は、地元メディアに対しこのように語る。 「非常に暗いトンネルの向こうに光がある。誰もが責任を負わなければならない。 私が望むのは、お互いを保護し、尊重し、そして楽しむことだ。

Read more

あるユニークな女性のために遺族が寄せたオモシロ死亡記事

死について積極的に考えることを好む人はそういないでしょう。それでも一度はもし自分が死んだら周囲の人々はどう反応するのかと思いを巡らしたことはあるかもしれません。 カナダ・トロントに暮らすメアリー・パトリシア・ストックス、通称「パット」は、自分の人生が終わりを迎えようとしていることを悟り、自身亡き後のことについて考え始めます。メアリーには遺族や関係者に絶対にして欲しくないことがありました。悲愴感ただよう重苦しい訃報記事の投書や、悲しみに満ちた厳粛な葬儀、こうした展開を何としても避けたいと考えたのです。 そしてメアリーが94歳の天寿を全うすると、母の希望を理解していた息子たちは、その意思を尊重した形でのお別れの報告を思い付きます。 メアリーの子供達は愛情込めて、母を「素晴らしきどうしようもない母」と呼び、普通の訃報記事とは程遠い母の意向に沿ったお悔やみ記事を投書します。 執筆を担当したのは、息子のサンディでした。その下書きに、兄弟たちは笑い転げてしまったそうです。それがメアリーの望みに叶う、完璧なお悔やみ記事だったからです。 トロントスター新聞に掲載された死亡記事の一部を抜粋してご紹介します: 「亡くなったメアリーはありえないくらいに大量のガラクタを残し、子どもたちは処理の方法に途方にくれました。90年代の古めかしい巨大なテレビが2台、大きなコウノトリ(多分)の陶器製傘たて、オーブントースター、走行距離わずか71,000キロのスポイラー付き2001年製造のオールズモビル(2004年に生産を終了したアメリカ最古の自動車のブランド)、その他一体何に使うのかすら分からない道具の数々….もし気になる方がいれば、是非ご連絡ください」 North York’s Mary “Pat” Stocks obit entertains people across the world. http://t.co/YVWkmApyIo pic.twitter.com/8rnQgDOJz5 — North York Mirror (@NorthYorkMirror)

Read more

居酒屋で男性二人が「お会計!」と一言。店員さん「お会計はお済みです」→その後、衝撃的すぎる事実が発覚・・・

酔っぱらっていると自分のとっている行動がよくわからなくなるときがありますよね。 今回はそんな酔っ払いを巡った仰天エピソードをご紹介します・・・ 近所の居酒屋で夕食ベロベロに酔った2人の男性が立ち上がり「お会計!」と一言店員さん「お会計はお済みです」その瞬間、2人の男性が「えっ!?」と言ったあと、隣の席の俺をチラッと見て会釈してきたいやいや、払うわけねぇだろあんたらさっきお会計してましたよ — POISON吉田 (@daigo44yoshida) July 3, 2020 まさかの展開(笑) Twitterでの反応は・・? ええんやで、みたいな顔しとくしか — OTI@フレンズ (@OTI0648) July 3, 2020 なぜ何の絡みも無かったであろう隣の人が払ってくれたと思ったのかを知りたい😂💨 — やちち (@yasusuyasun) July 4, 2020

Read more

【世界最長例か】34歳男性が自ら男性器を切断し23時間経過するも無事再建!勃起機能も回復!

男性器を切断するも見事再建 英バーミングハムにあるクイーン・エリザベス病院で、切断された男性器の再建手術がおこなわれたというのだが、切断されて23時間が経過していたにもかかわらず手術は無事成功、そのうえ勃起できるまでに回復したとの報告を受け驚きの声が上がっている。 Man's penis reattached nearly a full day after he cut it off — and it works https://t.co/uZJbI0icY3 pic.twitter.com/xEYQJ92KG0 — New York Post (@nypost)

Read more

「熟したトマト、傷んでしまう前に・・・」トマト農家さん直伝のトマトの『保存方法と調理の知恵』が最高に為になる!

これから特にトマトの美味しい季節になりますね♪ 自家菜園をしている人はトマトが一気にとれて食べきれず傷んでしまったという経験をお持ちの人も少なくないのではないでしょうか。 トマトは熟しすぎて傷んでしまう前に、こうすれば良いのだそうですよ♪ トマト農家さん直伝の『保存方法と調理法』がとっても為になると注目が集まっていましたので紹介させていただきます! トマトは冷凍保存ができます。熟しすぎて期限切れになる前にヘタをとって洗ってから冷凍してください。後でスープ、カレー、ソース、ジュース使用制限ありません。麺つゆと相性バツグンなのでそうめんの上にすりおろせばそのまま美味しくいただけますよ。 pic.twitter.com/rncDhZnypL — 曽我ファーム (@pasmal0220) July 3, 2020 最高すぎませんか♪ Twitterでの反応は・・? 麺つゆとトマト合いますよね〜。去年発見して素麺の時は胡麻とわさびとトマトが定番に。 — kobouzu (@kobouzu6) July 3, 2020 バナナ🍌と同じらねぇ〜‼️😺👋 — しん丸 (@KRWI5sJkCEzY5kr)

Read more

【ちっちゃくね?】インドの本物の金持ちがつけるマスクがこれだ!!

ガチ金持ちはマスクに風格を漂わせる! コロナウイルスの流行によって、インドでもマスクをする人が増えている。そんな中、マハラシュトラ州に住むとあるお金持ちの男性がつけているマスクが話題になっているという。 つけているのは、金ピカゴールデンなマスクである。しかも、苦しそうだし全然サイズが合ってない!! こちらのゴージャスなマスクを作ったのは、マハラシュトラ州ピネー地区在住のシャンカール・クラデ氏。 なんとこのコロナウイルスの混乱の中、28万9000ルピー(約41万4000円)もかけてこのマスクを発注したという。重さは約2.5kgと非常に重く、なんとも苦しそうだが、細かく穴が空いているため呼吸はしやすいとのこと。 だが、印メディア「NDTV」の取材では「このマスクが有効かどうかはわからない」と語っていた。ツッコミどころ満載である。 このアイデアは、インドのSNSにてバズっていた”銀色の仮面をつけている男性”を見たことがきっかけで思いついたという。これにより金細工職人に連絡をした後、1週間でマスクを作ってもらったそうだ。 マスクだけではなく、指輪やネックレスも金ピカに仕上がっているところから、大の金色好きだということはおわかりだろう。幼い頃から金色のアクセサリーが大好きで、ご家族も金をお好きなのだとか。 インタビューの最後には、「黄金のマスクをつけてコロナウイルスの感染を予防できるかわかりませんが、政府のすべての規則に従い、ウイルスの蔓延を防ぎます」とのコメントを残していた。 このニュースを知った人たちからは、「マスクに穴あけてたら通過する。ウイルスは金持ちだろうと貧乏人だろうと差別せずにかかるからなぁ…」「2.5kgって重すぎだろ!!」といったツッコミが寄せられていた。 

Read more