レジャーや買い物へ行く時は気をつけて!!車上荒らしのとんでもない手口が・・・

お出かけをして車上荒らしに遭ってしまったらたまったもんじゃありませんね。 こんな車上荒らしの被害が出ているようです。 外出の増えるお盆の季節。皆さんも十分気をつけてください 先日こんな事があったそうです。釣りやレジャー、買い物などでお出掛けされた際は皆さまお気をつけ下さい。 車上荒らしの手口だそうです。 pic.twitter.com/Sy9w9YkgXQ — ちんがら (@S_GL200) August 8, 2020 このツイートについて色々ご意見等あると思います。今どきの車には通用しない手法だと思いますが、古い年式の車や車種によっては被害に遭われる方がいるかもしれません。なので1人でも多くの方に知ってほしくて投稿しました。 ご理解の程よろしくお願いいたします。 — ちんがら (@S_GL200) August 9, 2020 こんな事をする人がいるなんて恐ろしいですね。 Twitterでの反応は・・? 最近のクルマはリモコンキーだから尚更気付き難いんでしょうね~怖いです(´д`|||) — イサム

Read more

食べるだけで脂肪が燃焼されて健康になれる|手作りふりかけの作り方

日本人の食に欠かすことのできない白米。おかずと一緒に、納豆で、または漬物やふりかけと一緒にいただく。 どんなものにも合うオールマイティさで毎食欠かせないという人も多いはず。 そんなお米のお供の一つがふりかけですが、ある材料を混ぜて作るだけの即席ふりかけがそんなダイエットの悩ましさを解消してくれ、健康な体作りに役立つというのです。 それが「長生きふりかけ」と呼ばれる鰹節にあるものを混ぜただけのふりかけ。あるものとは、しょうが、にんにく、とうがらし。この4つの食材を混ぜたふりかけを食べ続けると肥満、脳卒中、がん、認知症など多くの不調や病気を予防できると言われています。 しょうがは「ショウガオール」と呼ばれる体脂肪の燃焼を促す成分が含んでおり、さらに腸での糖質吸収を抑える「ジンゲロール」という成分も併せ持っています。 またにんにくに含まれる「アリシン」「スルフィド類」という成分にも脂肪を燃やす効果があるという研究結果も出ているとのこと。 これら2つの食材には中性脂肪と悪玉コレステロール値を下げる作用があり、にんにくに限っては善玉コレステロールを上げる作用もあるそうです。この2つを摂取する事で血液がサラサラになり動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳卒中の予防につなげる事ができると言われています。 そして3つ目のとうがらしには有名な「カプサイシン」が含まれており、脂肪を蓄積しにくくし、脂肪燃焼を促進させる効果が期待できるとのこと。 この3つの組みわせることでダイエットだけでなく、高血圧や糖尿病、脂質異常の予防につながると言われています。さらに驚くべき事に、この3つの食材には日本人の死亡率男女ともに1位であるがんや高齢者に多く見られる認知症を防ぐ事ができるというのです。 先にも挙げたしょうがに含まれるジンゲロールやショウガオールの両成分には、がん細胞を発生しやすくする慢性炎症を防ぎ、がん細胞がみずから死ぬように導いて増殖を防ぐ効果があるそうです。 また、にんにくはアメリカの国立がん研究所がまとめた『がん予防に効果のある植物性食品』のなかで、トップに名前が挙がっており、その効果は世界中で認められているとのこと。 そして高齢化社会の日本で多くの患者が見られる認知症。認知症は、脳の神経細胞にアミロイドβやタウタンパク質というゴミ成分がたまるのが原因と考えられており、しょうがに含まれるショウガオールととうがらしのカプサイシンは、これらのゴミ成分の蓄積を防ぐ役割を持っているのだそう。 この多岐に渡って私たちの健康をサポートしてくれる長生きふりかけ、作り方はとても簡単。 <長生きふりかけの作り方> 用意するもの: しょうがパウダー 14g とうがらしパウダー 7g(または赤パプリカパウダー 28g) にんにくパウダー 14g かつおぶし 70g 作り方: ジップロックなどの袋に材料を全て入れて、空気を抜きながら口をしっかり閉じて袋を揉むように全体を混ぜ合わせる。 食べ方: 大さじ1杯を1日3回食べる ※ふりかけとは言っても青菜のおひたしやサラダのトッピングとして使うほか、ハンバーグのタネに混ぜたりと加熱調理に使うことも可能。保存期間は常温で1ヶ月ほど。 https://web.facebook.com/photo.php?fbid=1459813030861559&set=a.105970712912471&type=3

Read more

昨日の夕食が気に食わなかった旦那さんとLINEで喧嘩勃発!→これ。私が悪いの・・・?

先日、冷凍餃子は手抜きだといった旦那さんが話題となっていましたが、今回は夕飯のメニューが気に食わずふてくされた旦那さんと勃発した喧嘩のやりとりが話題に! 『これ、私が悪いの?』 ちなみに昨日の夕飯麺にかぼちゃの天ぷら、ナスの煮浸し作って出したらしょぼすぎって言われてほとんど食べずにふてくされて部屋に篭りゲームを始めました。なので今日は夕飯作る気にならず旦那にLINEして始まったLINE。今実家にかえってます。 私が悪いのこれ? Twitterでの反応は・・? はじめまして私も保育士で3人目妊娠中1時間半かけて職場にかよってます😭妊婦で出勤おつらいですよね🥺私もごはん作る元気なく帰ったらぼろぼろ💦ごはんだけたいて冷凍いくらのせて夜ご飯だしたりと手抜きしてます😭復帰初日はきつすぎて逆に旦那にコンビニ弁当かってきてとお願いしちゃいました — 3y👧 +1y🧒3人目妊娠中24w (@sono50421028) August 6, 2020 男は社会で下駄履いて、家でも下駄履いて楽そうですね。だからこんな子供みたいな発言できるんでしょうね。。 — AirontheGstring (@s_gstring) August 7, 2020 はーーーー!この旦那マジでムカつく!!!←あ、すいません😅同じような旦那がいて、離婚した保育士ですw正直給料は減りましたが、金銭的にも結婚してるときより100倍くらい楽になりストレスフリーで生きてます。←離婚をおすすめしてるわけではないですよ😂💦 — abcdefg (@abcdefg20577065) August

Read more

罠を仕掛けて通行人を釣るゴールデンレトリバーのおもしろ動画

イギリス原産の大型犬・ゴールデンレトリバー。どちらかというと小型犬が人気の日本でも昔から根強い人気を誇る犬種ですが、今回はみなさんに今ネットで話題になっている1匹のゴールデンレトリバーを紹介します。 カリフォルニア州ロサンゼルスに住むライリーにはある特技があります。その特技はなんと、通行人に「罠」を仕掛けること。まずは、その決定的瞬間を捉えたこちらの動画をご覧ください。 This good wall-doggo dropped his ballo but fear not I returned it to him and thanked him for his service pic.twitter.com/ybsVME5xCp — Johnny

Read more

誰も乗っていないエスカレーターを見て叫ぶ息子。そこにはなんと・・・

子供は見えないものが見えると聞きますし、何もないところに向かって話していたら大人はゾッとしますよね・・・。 とある男性の息子さん。誰も乗っていないエスカレーター に向かって叫んでいたんだそうです。 何事かと思いよく見てみると・・・ 「光がエスカレーターを降りてる!」と息子が叫んでたので何かと思って見にきたらこれだった pic.twitter.com/B92w9gWqUt — 枕井 仗二 (@Dad_McFly) August 16, 2019 おぉ〜!!すごいですね!! 本当に降りているように見えます!! Twitterでの反応は・・? 陽の角度変わるまでその場でエンドレス足踏みで降りれないけどね — ⚛️凍った ととろ+🍥。*∅卍✡🎀🍑🦖🍍🦊🌸⚛️プチ冬眠中 さんと他99人 (@_onakagatotoro) August 17, 2019

Read more

住まい選びで見落としがちなチェックポイント

住まい選びでは、内見がとても大切。住んでから「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、しっかりとポイントを押さえて確認しましょう。 まず、当然ながら、広さ、価格、立地、周囲の環境などを確認。そして、意外に盲点となりがちなのが生活しやすさ。おしゃれでトレンドを意識した造りだと、一目惚れしてしまいがちですが、実は生活しづらいことも多いのです。冷静にそこに住む自分をイメージして、入居後に問題に気づいて後悔しないように、しっかり確認しておきましょう。この記事では、盲点になりやすい内見チェックポイントをご紹介します。 1. 床一面カーペット敷 海外ドラマで目にすることもあるこの床一面カーペット敷スタイル。イギリス発祥とされるこのスタイルは、室内の温度を少しでも暖かく保つための工夫でした。フローリングに比べ滑りにくくて良いと言う意見もあるようですが、衛生面からあまりお勧めできません。 View this post on Instagram Stain free saxony style carpet supplied and fitted to double hall, stairs and landing area.

Read more

「当店、マスク不要です」の張り紙がされたとあるコンビニ。中に入ってみると色々ヤバすぎると話題に・・・

コロナの感染拡大を防止する為、どこへ行ってもマスクの着用が促されていますがとあるコンビニでは『当店マスク不要』の張り紙が。中に入ってみると色々ヤバすぎたそうで・・・ やばいデイリー来てもうた。。。 pic.twitter.com/G0ojSwCSjP — 🌺溶接ギャル粉すけ🌺 (@KONA_neruneru) August 8, 2020 なんだか異様な雰囲気が醸し出ています・・・ Twitterでの反応は・・? 日本語わかってん? バリバリのコロナ感染症状のやつが店内で咳しようが、高熱でふらつこうが、マスクいらんやで? — 時の使者:暗黒トキジ (@TokiziMild7) August 9, 2020 自分の商品すら否定している。もの凄い気概を感じる。 pic.twitter.com/CIM3rhicnX — Kei 〜China shock組〜 (@kom1030)

Read more

新品のペンケースをゴミ箱に投げ捨てた娘への母の対応が話題に

人は自分の持っているものに感謝するより、手に入らないものに目が行きがち。自分の持っているものを当然だと考え、誰かをうらやんだり、ないものねだりしてしまうのは、多くの人が陥る罠です。 アメリカ、フロリダ州に住む6歳のプレスリーもその罠にはまった一人。母親のハーレーは娘と自分に起きた出来事をフェイスブックに投稿しました。 https://web.facebook.com/photo.php?fbid=3248942491806619&set=a.380816475285916&type=3 ハーレーは小学生になったばかりの娘を喜ばせようと、プレスリーが長い間ほしがっていたものをプレゼントすることにしました。彼女が店を3軒回ってようやく手に入れたのは、娘の大好きなキャラクターのペンケース。 しかし、プレゼントを渡したとき、事件は起こります。6歳のプレスリーは、喜ぶどころか、かんしゃくを起こし、なんとペンケースをゴミ箱に投げ捨ててしまったのです。「クラスの子はみんな同じものをもっているの!そんなくだらないプレゼント、もういらない!」とプレスリー。 https://web.facebook.com/photo.php?fbid=2713446715356202&set=a.200553773312188&type=3 これには怒り心頭なハーレー。でも、シングルマザーの彼女は冷静に考えます。「私は娘に経済的な苦労をかけないように働き、必要なものは手に入れられるようにしてきた。それでも、自分の状況にいつも感謝し、幸運だと感じるように教えてきたつもりだった」 娘に大切なことを教えるには、ショック療法が必要だと感じた母が用意したのは、ジップロックのフリーザーバッグ。 彼女はジップロックにマジックで娘の名前を書き、こう言いました。「新しいペンケースがほしくなったら、このフリーザーバッグを使いなさい」 https://web.facebook.com/photo.php?fbid=2713446765356197&set=a.200553773312188&type=3 プレスリーはもちろんショックを受けて、泣きますが、時すでに遅し。母親は断固とした姿勢を崩しませんでした。 「私は娘にはもう特別な権利はないと説明しました。そして自分の幸運を当たり前のことだと思っている娘ではなく、本当に新しいペンケースを必要としている子どもを探す、と娘に告げ、そして、実際にそうしました」 https://web.facebook.com/photo.php?fbid=2713446752022865&set=a.200553773312188&type=3 彼女はペンケースと他数点の学用品をアーカンソー州の貧しい家庭に送ったのです。 「この出来事はプレスリーの物の見方を変えたと思います。学用品について心配する必要がないことは幸運なことであり、決して当たり前のことではないと娘は気がついたようです」とハーレー。 看護師としての訓練を受けながら、シングルマザーとして子どもとしっかりと向き合うハーレー。時に自分は厳しすぎるのかもしれないと自覚する彼女がフェイスブックに投稿したこのエピソードは、ネットで大きな話題になりました。そしてその多くが彼女の子育ての姿勢に共感する声でした。 みなさんなら、こんな場面でどう対応したと思いますか? 

Read more

夫のいびきがあまりにも酷いので耳鼻咽喉科へ→2週間後、衝撃の事実が判明・・・

年齢を重ねると昔はしなかったいびきをするようになってしまったという方は本当に多いのではないでしょうか。 本人は気付かなくとも、一緒に寝ている人にとっては結構な苦痛だったりしますよね。 そして、このいびきが厄介なのはうるさいだけでなく命に関わる危険信号である場合があるという事。 とあるご夫婦のこんなエピソードにハッとさせられます。 いびきで死にかけた話 1/2 pic.twitter.com/nSn0LUn7lV — 湖西晶@意味がわかると怖い4コマ発売中 (@akikonishi) August 8, 2020 そして2週間後・・・ 決して人ごとではなさそうなエピソードですよね。 ゾッとしてしまいますよね( ;ᵕ; ) まさかここまで危険な状態だとは思わずに過ごしている人も少なくなさそうですから、たかがいびきと思わずに早めに病院へ受診するようにしたいですね。 

Read more

【決意】90歳のおじいさんがゲイであると告白。かつての恋人の死に哀悼を送る

時代は少しずつ変わっている LGBTのような性的マイノリティの人はおよそ10%いると言われているが、昔は強く差別され、社会から無いものと扱われていた。そのため、今回紹介する男性のように、数十年経った現代にやっと口を開いた人もいる。 https://web.facebook.com/bbcnews/videos/1972060826258501/?t=0 注目を浴びているのは、アメリカ・コロラド州在住のケネス・フェルツさん(89)。大戦中は海兵隊員として活躍していた。 彼は数十年もの間、ゲイであることを隠してきたというが、新型肺炎のロックダウン中に自分を見つめ直し、「自分に嘘をつきたくない」と考え決意を固めたという。 これにより回顧録を書き始めたというが、地元メディア「3rd Hour of Today」の中でフェルツさんは、自分の口で明言しないと十分ではないと明かした。 「1942年で私が12歳だった時、自分が同性愛者だと気付きました。もしあなたがこれをカミングアウトすれば、家族や仕事、人間関係を全て失い、大きな代償を支払うことになり、pervert(変態)と呼ばれることになるでしょう」と、インタビュー内で答えていた。 こうしてフェルツさんは本当の気持ちを隠し続けていたというが、フィリップさんという男性と2年間だけ交際していたことがあるという。その時のことを、「私の空っぽな人生が、同じ欲求を抱えている人によって突然満たされた。まるで溶け合うようだった」と語る。 その後、宗教上の問題で二人は別れ、フェルツさんは女性と結婚し、子供をもうけた後に離婚。娘のレベッカさんからも同様に同性愛者だとカミングアウトされたという。 しかしご本人はカミングアウトに至ることなく過ごしていたのだが、レベッカさんと話している時「フィリップと離れなければよかった」とポロリと口にしたことから、きっかけが生じたという。ここからカミングアウトすることを考えたのだ。 このドラマチックな話から、ネット上では大きな支援を受け続けている。 そんな中、フェイスブックでフィリップさんが亡くなったことを報告。 https://web.facebook.com/kenneth.felts.50/posts/2664007900540510 投稿にはこのようなコメントを残していた。 「フィリップ・アレン・ジョーンズは私の人生における愛そのものでした。私はとても悲しく、孤独感に苛まれています。 彼の姪からは、『充実した幸せな人生を送った』と伝えられましたが、彼の長年のパートナーは数年前に亡くなっており、最後の人生はひとりぼっちでした。 彼の最高の青春時代を共有したと思っています。彼とのことは思い出深いもので、私はずっと感謝をしています。心から彼を何年も愛していましたが、彼はもう亡くなりました。 愛を届けることができず、さようならを言うことができないのは恐ろしく痛ましいものです。 彼と共に過ごし、一緒にいることで、彼がどんなに愛すべき人だったは明白です。」 社会の圧力により引き裂かれた二人が、最後を共にできなかったのはあまりにも悲しいこと。コメント欄には多くの励ましの言葉が寄せられていた。 彼らのような辛い思いをする人を一人でも減らすべく、私たちのような新しい世代は、さらに自由を切り開くべきなのだろう。 

Read more