【私はココよ〜】飼い主さんに気付いてもらいたくて必死でアピールするワンコが可愛い!

かまって欲しい甘えん坊ワンコ 米ネブラスカ州にあるお宅で飼われている9ヶ月のボクサー犬ライラちゃんは超甘えん坊。家に入れて欲しいときや、飼い主さんに遊んで欲しいときには、自ら必死でアピールするという。 まるで、「私はココよ〜!気付いてる〜!?」と言わんばかりに、何度もジャンプをして自宅にいる飼い主さんに自分の姿を見せようとしている。しまいには、窓にガッツリとしがみついて、訴えかけるようにジッと家の中を見つめてくるのだそう。 この姿が見たいがあまりわざと気付かないふりをしてしまいそうだが、こんなアピール可愛いですね。 

Read more

【悲報】SNS億万長者になったロシア18歳女性がバイク事故により恋人の目の前で死亡

ロシア18歳女性ががバリで事故死 今月、インドネシアのバリ島で、バイク事故によってロシア人女性が命を落とした。時速90キロで走行していたというが、途中でコントロールが効かなくなり道路のフェンスで頭を強く強打しまったことが死因だったという。 View this post on Instagram Самопознание: да или нет? ⠀ Для меня точно ДА! Я – тот пазл, который мне хочется собрать воедино

Read more

些細なこと?離婚の決め手になった原因&理由10選

愛し合う二人が永遠の愛を誓い、晴れて夫婦に。「病めるときも健やかなるときも〜(以下略)」の言葉通り、互いに支え合い長い人生を共に歩む、それが結婚。 …しかし悲しいかな、実際の結婚生活は必ずしもそうだとは限りません。現在、日本の離婚率は約35%。3組に1組が離婚する時代と言われています。 離婚が増加傾向にあるのは日本だけではありません。欧米や東欧では離婚率が50%近い国もザラにあるほど離婚は身近なテーマなのです。離婚の理由は夫婦それぞれ。しかし中には結婚を決意する段階で既に互いに妥協できない価値観の相違がチラついているカップルがいることも事実。一見「そんなことで?」な理由でも、配偶者にとっては「どうしても受け入れられない!」と離婚の決定打になることもあるのです。片方にとっては些細な事、そんな10の離婚理由をご覧ください。 1. 素顔と化粧後が別人級 View this post on Instagram So excited for my bride to be! 👰🏻 #beforeandafter #trangformation #makeup #bridalmakeup#eventmakeup #asianmakeup #asianbride#hair #wedding

Read more

レジ付近で小銭をばら撒いて最悪な一言を吐き捨ててきた老人。これに対して店員は・・・

コロナの影響でマスクなどを求め訪れるお客さんに悩まされる店員さんの悲痛な訴えが度々大変な話題になっていましたが、コロナの有無に関わらずカスタマーハラスメントには悩まされてきましたよね・・・。 そんなカスハラを巡ってとある投稿者さんが遭遇したこんなエピソードが話題に! カスハラなぁ学生時代接客のバイトしてた時、会計中の年寄りがレジ付近に小銭ばら撒いて「はい、頭の体操」とだけ吐き捨てて、必要な分だけ拾えと言わんばかりの顔してたときはぶっ殺そうかと思いすぎて舌打ちだけして固まってたら自分で拾い集め始めたので服従しない意思表示って大事だと思う — 2488 (@2488puyo) June 11, 2020 確かに、悪くもないのにすみませんという風潮は変えていくべきなのかもしれません! Twitterでの反応は・・? みなさんがサインしたのは奴隷契約書じゃなくて雇用契約書です — 2488 (@2488puyo) June 11, 2020 一線越えた客は弾いた方が色々と捗ると言う事を、上司が理解していたので、自分が昔いた店は売り上げもバイトの定着率も良かった。 しかも、弾き出されたら同業を使うようになるので、結果的に近隣のライバル店舗の売り上げ落としもしてくれるおまけ付きや。 — QB狐@佐世保room1 (@AZUR_QBFox) June 11,

Read more

【公務放屁妨害】オーストリアの公園で男が警官に屁をぶっ放し6万円の罰金刑を食らう

警察の前では屁は我慢せよ! 人前で屁をぶっ放すのはマナー上よろしくないとされているが、実際に警察から罰則を食らったのはこの男性が初めてかもしれない。 Alle Jahre wieder😏 via reddit u/valstep pic.twitter.com/uoTeMBHt3E — Kristina Bail 🏳️‍⚧️ (@Kiki1Bail) June 16, 2020   6月5日、オーストリア・ウィーンの警察によると、この日市内の公園で、男が突然警官に向かって放屁したとして500ユーロ(約6万円)の罰金を科したという。 もしこの罰金に従わなかった場合には、5日間の拘留となっていた可能性があったという。 警察のツイッターでは、「もちろん、誤って”出てしまった”なら報告されることはない。」と述べている。 この日の深夜12時ごろ、男はパトロール中の警官を見つけると、ベンチから立ち上がって近づいてきたという。そして、意図的に”大腸の風”を浴びせた他にも、警察を妨害するような行動をとり、あざ笑っていたという。 男は非常に挑発的な行動をとっていたと綴られており、公式サイトには「公序良俗に反したため」として発行された違反切符の写真が掲載されていた。 地元の報道によると、男は地元に住む22歳の学生。500ユーロを取られたことを不服としており、警察に申し立てを行うつもりだという。 ちなみに、その日は祖母がつくった豆の鍋料理を食べたそうで、体の中で生物学的反応を起こしていたという。 

Read more

1946年にドイツでこの世を去った男 しかし平成元年 新聞の尋ね人欄に掲載された名に遺族は目を疑った

1989年12月14日、朝日新聞の「尋ね人欄」にある記事が投稿されます。そこにはこう書かれていました。 「日本人医師・故コエヌマノブツグをご存知の方はいませんか。」 それは日本から遥か9000キロ離れたドイツ東部の街ヴリーツェンの住民が、ある日本人を探しているという内容の記事でした。投稿主は桃山学院大学の村田全(むらた・たもつ)教授。当時ベルリンにあるフンボルト大学の客員教授だった村田教授に、ヴリーツェン市の郷土史家であるシュモーク博士が、住民の証言を集めながら「コエヌマ」という人物に関してのリサーチを進める上で、この記事の投稿を依頼したのです。 果たしてヴリーツェンの住民が探している「コエヌマ」とはどのような人物だったのでしょうか。そして、遠いドイツの人たちはなぜこの日本人を探していたのでしょうか。 今から80年前の1937年、当時医学の分野で世界の最先端をいくドイツ・ベルリンにあるロベルト・コッホ研究所に、ある1人の日本人の若者が留学します。彼こそ当時27歳の肥沼信次でした。東京・八王子の外科医の家に生まれ、日本医科大学から東京帝国大学放射線研究室へ進んだ優秀な肥沼はその後、1944年にベルリン大学医学部放射線研究補助員として採用され、ベルリン大学医学部で東洋人として初の教授資格を取得。しかし希望に満ち溢れ、将来有望と思われた肥沼の前に着々と戦争の暗い影が忍び寄ります。 時は1945年。ソ連軍が東からドイツの首都ベルリンへと進撃。ナチスの敗北が色濃くなった同年3月17日、在ベルリン日本大使館は首都の陥落は時間の問題と見て当時残っていた日本人全員に国外退避命令を出します。肥沼も勿論例外ではなく、退避命令の出た翌日の午後3時まで大使館へ来るよう命じられました。ベルリンで医療の研究を続けたい肥沼の想いは、こうして戦争という現実によって打ち砕かれてしまったのです。 Posted by Wriezen on Wednesday, August 9, 2017 しかし翌日在ベルリン大使館の職員が肥沼の姿を目にする事はありませんでした。 肥沼はドイツにいた方がきっと人の役に立つ事が出来ると日本への帰国をやめ、ベルリンから東へ約40キロ程のところにある街、エバースヴァルデへと向かいました。彼がエバースヴァルでに赴いたのにはシュナイダー夫人というドイツ軍人の旦那を無くした未亡人の女性が関係しているとも言われていますが、彼女と肥沼の正確な関係性については今日まではっきりとはしていません。 エバースヴァルデで暮らし始めて程なくして、肥沼の元にソ連軍地区司令部のシュバリング司令官からある手紙が届きます。その手紙の中には肥沼の運命を変えるある指令が入っていました。 その指令とはエバースヴァルデから南東へ30Kmほどの所にあるヴリーツェンに新設される「伝染病医療センター」の所長に任命するというものでした。1945年9月に医院長に就任した肥沼は治療の日々を開始します。 こうして彼は日本へ帰るという選択肢を自ら捨て、ドイツの地に残って病に苦しむ人たちを助ける道を自ら選んだのです。 旧伝染病医療センター・現ヴリーツェン市庁舎 Posted by Wriezen on Sunday, April 12,

Read more

卒業生と話していたら『給付金は申請しない』という。意外なその理由に考えさせられる・・・

コロナの影響で全国民への給付金が支給されることになり、多くの人が申請を済ませたことと思います。 多くの人はとても嬉しく助かったという人がほとんどでしょう。しかし、中にはそうではない人も・・・。 この給付金を巡ってとある高校教師が投稿したエピソードが考えさせられると話題になっていましたので紹介させていただきます。 とある卒業生と話をしていたら、「10万円の給付金はよく分からないし面倒くさいから申請しない」と言うから驚いた。書類1枚と身分証明書・通帳のコピーを同封して送るだけなのに、本人にとっては難しいのだ。家庭の事情で一人暮らしをしていて、助けてくれる人もいない。俺が一緒に書くことになった。 — とある高校教師S (@hellohellock) June 19, 2020 社会で当たり前だと思われる能力をみんなが具備しているわけではないし、それを手助けする人間が近くにいるとも限らない。本当はしたくても、何から始めれば良いか分からないし助けてくれる人もいないし理解するのも難しくて手も足も出ない。それを端的に表現すると「面倒くさいからもう良い」なのだ。 — とある高校教師S (@hellohellock) June 19, 2020 働くようになってから色んな「オトナ」と出会うけれど、みんながみんな「社会で当たり前だと思われていること」をこなせているわけではない。昨年某芸能人の脱税が取り沙汰された時も、意図的で悪質だという声が多かったけれど、俺は彼の「特性」による杜撰さが原因だと思っている。 — とある高校教師S (@hellohellock) June 18, 2020 こうした事情を抱えている人もいるのですね。先生が気づいてくれて良かったです・・・

Read more

【悲劇】インドで入院中だった男性、見舞いに来た家族に勝手に人工呼吸器を切られ死亡

コロナウイルスに苦しむ男性が家族の手違いで・・・ 6月15日、インド北部にあるマハラオ・ビムシン病院にて入院していたコロナウイルス感染者の男性が、家族のある”間違い”によって死亡してしまった。 Bizzare! Patient dies in hospital as kin unplugs ventilator to power cooler In a bizarre incident, a 40-yr-old suspected Covid-19 patient died in

Read more

とある探偵会社のHPに載っていた事例が面白怖くて読むのが止まらない・・・「見入ってしまう」

結婚することになった後に破談になってしまったらどうしようと不安になった女性。探偵会社のホームページを覗いてみるとそこには事例の数々が。その内容が面白怖くて読むのが止まらないとSNSに投稿したことが話題となっています。 こんなことが現実に起こっているのですね・・・ もしも今の彼と結婚することになり素行調査されたら、私のしょうもない経歴のせいで破談になるのでは…?と不安になり探偵会社のHPを見てみた。 事例が面白怖くて読むのが止まらない ドラマみたいですね( ;ᵕ; ) Twitterでの反応は・・? この事例可哀想すぎない????? pic.twitter.com/qmV8Sryjej — 笑うヤカン (@l_kettle) June 18, 2020 もしも今の彼と結婚することになり素行調査されたら、私のしょうもない経歴のせいで破談になるのでは…?と不安になり探偵会社のHPを見てみた。事例が面白怖くて読むのが止まらない pic.twitter.com/F1k2U9HoNw — ひなぴよ (@ringsp0425) June 16, 2020 もしも今の彼と結婚することになり素行調査されたら、私のしょうもない経歴のせいで破談になるのでは…?と不安になり探偵会社のHPを見てみた。事例が面白怖くて読むのが止まらない

Read more

【癒し】6年前から続くイルカとワンコの種を超えた友情にほっこりさせられる人続出中!

初めて出会ったのは6年前、以来続く友情 このたび、Twitterで公開されたイルカとワンコのキスシーンが話題となっているのだが、実はこれ、6年前から続いている友情だという。 We have received information confirming the validity of the photo below. This is Gunner and his water buddy, Delta. Delta lives at a

Read more