【ひいぃっっ!】南アフリカでサーファーの真横を泳ぐサメをドローンが捉える!

こんな近くをサメが泳いでいた
南アフリカのケープタウン沖合ではホホジロザメの目撃情報が多数の寄せられており、それをサーファーたちに警告するための動画が公開された。

6月23日、チャリティー団体NSRIがTwitterに投稿したのは、ドローンが捉えたこんな驚きの光景

サーファーたちは大きなホホジロザメが近くを泳いでいるにもかかわらず、全く気付いている様子はない。むしろサメの方へ向かってパドリングしているサーファーもいるほどだ。

海洋生物と上手に海を共有する
この海域ではアザラシや魚などを餌にするサメが目撃されることは普通だというが、まさかここまで人間との距離を詰めているとは驚きである。専門家によると、当時このサメはサーファーたちに気付いており彼らの様子をうかがっていたと指摘しているが、海洋生物と海を共有するということにリスクはつきもので、サメに遭遇して危険な目に合わないように自分たちの行動や振る舞いを変えていく必要があるとのこと。

これからの季節、多くのサーファーたちが良い波を心待ちに海へ繰り出すだろうが、自分の行動に責任を持って楽しんでいただきたいものだ。