麻生太郎「安倍晋三記念小学校は朝日新聞が煽った」

「安倍晋三記念小学校」という名前がガセネタだった件について麻生太郎氏が朝日新聞を名指しで批判した。

これより前、朝日新聞は籠池理事長の証言を基に「安倍晋三記念小学校」という名前を紹介していた。

記事を信じた人は一斉に安倍総理をバッシングし始め、安倍総理は冤罪に苦しむことになった。しかし、森友学園の法的な対応が一段落し、当時、非公開にせざるを得なかった部分がついに公開されると、小学校の名前は「開成小学校」と判明。

前回の記事:「安倍晋三記念小学校」はデマだった。朝日新聞が籠池の嘘に釣られて拡散

籠池理事長の「設置趣意書に安倍晋三記念小学校と書いた」という説明は嘘だったことが分かった。朝日新聞がまんまと騙されたわけだが、当時から籠池理事長は証言がころころ変わり、信用できない人物ということは明白だった。

事実、街頭インタビューでは大多数が「(籠池理事長は)信用できない」を選んだのだ。

白い紙を挟み込んで100万円に見せかけたのも強烈な奇行だった。

それにもかかわらず朝日新聞は籠池理事長の言葉を信じ、とんでもないガセネタを拡散してしまった。麻生太郎氏はこの件について「自社に都合の悪いところを隠すんじゃない。だから報道は歪んでいると言われるんだ」と説教。朝日新聞はその後、訂正もなくだんまりを決め込んでいる。

さて、ここで誰が間違っていたのか、恥ずかしい人たちをまとめておきたい。

(1)デーブ・スペクターに水道橋博士(本名は小野正芳)。それからよく分からないドキンちゃんっぽいおばさん。

(2)福島伸享議員(希望の党)

福島伸享「なんで設立趣意書のタイトルの部分すら開示できないんですか?ちゃんちゃらおかしいと思いますよ。籠池前理事長の記憶では安倍晋三記念小学院の設置趣意書だったからなんですよ!」

(野党どよめき)

福島伸享「それを出したくないから黒塗りにしたんじゃないですか?その名前だったからこそ様々な忖度が取られ、特例措置が講じられることになったんじゃないですか?」

財務省の佐川理財局長「非開示の部分についてご推測で意見を述べるのはあれかなと思う」

(この間「失礼なこと言うな!」という野次が何度も飛ぶ)

佐川理財局長「民事再生手続き中なので勝手に開示することはできない。また情報公開法にも基いて黒塗りにした」

それでも納得がいかない福島伸享議員は屁理屈を言ってごね続けるのであった。

当時、佐川理財局長は野党がいかに間違っているかを知っていた。そして同じく麻生太郎氏も風の噂で真相を知っていたのかもしれない。情報が錯綜する中で麻生太郎氏はしっかりとブレずにいた。

とりわけ疑惑が浮上する中で「部下の話を信じる」とはっきりと言った麻生太郎氏は上司として頼もしいと絶賛された。長らく続いた森友学園問題は要するに籠池理事長がインチキすぎただけ。そして籠池理事長の言葉をスクープとして報じた朝日新聞も同罪であろう。

朝日新聞は奇しくも告発本を出版した小川榮太郎氏とバトル中だ。本件についてはどう対応するつもりだろうか。今後、麻生太郎氏に朝日新聞から妙な申入書が届かなければいいが…。