NHK『日本からのプラスチックごみ 太平洋の広範囲に影響』→ ネット「印象操作」「日本悪玉論」

日本からのプラスチックごみ 太平洋の広範囲に影響 . ▼記事によると… ・日本から大量のプラスチックごみが海に流出した場合、アメリカ西海岸や東南アジアに漂着するなど、太平洋の広い範囲に影響を及ぼすことが、専門家のシミュレーションで明らかになりました。プラスチックごみの問題は、今週末から長野県で始まるG20=主要20か国のエネルギーや環境を担当する閣僚による会合でも議論される予定で、専門家は地球規模の対策が必要だと指摘しています。 ・土木研究所寒地土木研究所の岩崎慎介研究員は、「日本から出たごみが遠くの国にも迷惑をかけるという認識を持ってほしい。もっと多くの国がより早くプラスチックの削減に取り組まないといけない」と述べ、地球規模の早急な対策が必要だと指摘しています。 ・アメリカの大学の研究者などが、2010年のデータをもとに行った別の推計では、世界全体で最大で1年間におよそ1200万トン余りのプラスチックが海に流れ出し、このうち6万トンが日本から出ているとみられています。 2019年6月12日 5時27分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/k10011949111000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003 合成樹脂 合成樹脂(ごうせいじゅし、英: synthetic resin)とは、人為的に製造された、高分子化合物からなる物質を指す。合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表例である。合成樹脂から紡糸された繊維は合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。「プラスチック」 (英: plastic) という表現は、元来「可塑性物質」 (英: plasticisers) という意味を持ち、主に金属結晶の分野で用いられた概念を基盤としており、「合成樹脂」同様日本語ではいささか曖昧となっている。 合成樹脂 – Wikipedia ▼ネット上のコメント ・見出しから間違ってる。そもそも海に捨てることはあまりないのでは?災害で流された分はしかないとして。

Read more